VANDY VAPE MESH RDA(ヴァンディ・ベープのメッシュRDA)のレビューです。

最近流行り?のワイヤーの代わりにメッシュを使うタイプのRDAで、海外での評判も上々のようです。

非の打ち所が無い・・・とは言いませんが、「あれ?これ意外と良いぞ?」って感じです。

OTG91156

どういうモノなのか、ザックリした話は動画を見て貰うのが早いと思います。



RBAについてはある程度分かってる前提で書くので、「RBAって何?」っていう人は下の記事を参考にして下さい。

RBA・RDA・RTAの初心者向け情報まとめ。


これは「Sourcemore」から商品提供を受けたものです。ありがとうございます。

Sourcemoreの代わりに私が商品ページを書いて宣伝していると思ってください。ぶっちゃけた話が聞きたい場合はツイッターとかで聞いてください。

Sourcemoreはクーポンコード"VANDYVAPE30OFF"でVANDY VAPE製品が30%引きになるので安いですよ。

(無理言って復活させてもらったクーポンなので、いつまで有効か分からないのでご利用はお早めに。ちゃんと割引されるのを確認してくださいね。)

temp_437

SourcemoreのVandy Vape Mesh RDAの商品ページ、$33.80→$23.66(≒4,056円→2,839円)+送料無料
https://www.sourcemore.com/vandy-vape-mesh-rda-single-or-dual-coil-build-atomizer-with-1-0ml-capacity-ss.html?acc=82

FastTechのVandy Vape Mesh RDAの商品ページ、$29.90(≒3,598円)+送料無料
https://www.fasttech.com/products/3028/10033130/8431801

GearBestのVandy Vape Mesh RDAの商品ページ、$23.99(≒2,878円)+送料無料
https://www.gearbest.com/rebuildable-atomizers/pp_688717.html?lkid=11418088

VAPE STEEZのVandy Vape Mesh RDAの商品ページ、3,780円(≒$31.50)+送料無料

Flavor-KitchenのVandy Vape Mesh RDAの商品ページ、3,880円(≒$32.33)+ネコポスなら送料200円


VANDY VAPEとは?:

2016年に中国の深圳市に設立されたかなり新しいメーカーなのですが、中堅メーカーみたいな雰囲気です。

MESH RDA以前にもPULSE BF RDAとかなかなか意欲的なアトマイザーを出しています。

MESH RDAの設計・製造・パッケージなどを見ても・・・どうもソコソコ優秀な経験者をヘッドハンティングして作っている気がします。(憶測)

お金にモノを言わせて(憶測)・・・っていう部分はちょっと「ぐぬぬ」ってなるのですが、お金を掛けて優秀な人を雇えば、良い物が出来てしまうみたいなのも世の真理なのかも・・・( ̄▽ ̄;)

ちなみに海外のレビュアーにサンプルをバラ撒いたり、宣伝にも力を入れている(お金を掛けている)ようです。

まぁ、でも勝手気ままなレビュアーも割と高評価のようなので。

海外レビューまとめ:Vandy Vape “Mesh RDA”
https://jpvapetimes.com/2017/08/24/reviewers-vandy-vape-mesh-rda/


ま、まぁ・・・資本主義的には正しい気がするし、良い物を作ろうとしている意欲も感じるので、変な意地を張るのも損なのかな( ̄▽ ̄;)

色んな意味で注目に値するメーカーだと思います。

VANDY VAPEのホームページ(英語)
http://www.vandyvape.com

VANDY VAPEのMESH RDAの商品ページ(英語)
http://www.vandyvape.com/detail/Atomizer/38


そんな話は程々にして、MESH RDAを見ていきましょう。

見た目とか:

今回レビューするのはシルバーですが、他にブラック・ゴールド・レインボーがあります。

直径24mm、この部分の高さが32.5mmって感じですね。

OTG81091

サイズ感はこんな感じです。

OTG81077

適当なMODと合わせるとこんな感じです。「ヒートシンク」を使えば「iStick Pico」にも付けられます。

OTG81087

OTG81083

OTG81079

気持ち接続部分が長いようでMODによっては、ほんの少し浮いてしまうようです。

OTG81081

外観はこんな感じです。

OTG10826

サイドエアフローです。

OTG10830

OTG10832

OTG10834

バラしまーす。

OTG10836

OTG10842

OTG10844

OTG10848

ドリップチップはハーフインチ(810規格)のウルテムとデルリンが付属しています。510規格のアダプターも付属しています。

OTG10854

OTG10894

OTG81094

アジャスタブル・エアフローリングだそうです。ドリップチップ側にOリングが無い代わりに、こちらにOリングがあります。

OTG10856

エアホールが3つあります。

OTG10858

エアフローキャップはエアホールが2つです。なので、組み合わせた時にエアホールを1つにする事もできます。

OTG10860

ドローはスカスカって言えばスカスカだけど、ビルドすると内側の容積が結構狭くなるので、気持ち重いかも。

クラウドチェイス向きでは無いと思います。

OTG91130

ドローの調整は全開と全閉の差しかないとは言わないけど、それくらいに考えて貰った方が良いかもしれないです。

基本的には全開で使う想定のアトマイザーで、ドローを調整したり、口吸いで使ったりするようなモノではないと思います。

エアフローキャップのエアホールの加工がちょっと変わってると思いました。

OTG10862

デッキはこんな感じです。ポストレス・クランプデッキとでもいいましょうか。

真ん中の穴はBF(ボトムフィーダー)用の穴です。BFピンも付属しています。

OTG91104

写真の右側のクランプにはインシュレーター(≒絶縁体)のような物が見えているので、おそらくプラス極ですね。

OTG10943

OTG10947

理論上はプラス極のメッシュがインシュレーターの外側のデッキ部分に、つまりマイナス極に接触するとショートします。

実際はなかなかショートしないようですが、メカニカルMODでは使わない方が無難だと個人的には思います。

それでなくても、メッシュでビルドすると抵抗値はかなり低くなります。

OTG81098

OTG81102

テクニカルMODならなんでも良いという訳でもなく、評判の良いメーカーの0.1Ωくらいまではショートと判定せずに使えるスペックのMODが良いと思います。

(たまに「テクニカルMODでも低抵抗は危険」みたいに考えている人が居ますが、温度管理では0.15Ωのコイルも珍しくなく、三流メーカーの欠陥品や不良品のMODではない限り、そこまで心配する必要は無いと思います。

抵抗値が低過ぎる場合は、"Atomizer Short"とか表示されて通電しないのが普通です。

もちろん、用心するに越したことは無いし、抵抗値と関係なく充電池のスペックとかヘタリ具合とか気を付ける事はあります。)

クランプの横にはネジがあり、ここを緩めるとクランプが連動して開きます。ここ何気に凄いと思いました。

OTG10874

ちなみに横のネジは、無闇に外さない方が良いです。

交換用のネジも付属しているので試しに外そうとしましたが、

・何か引っ掛かる

・力を入れたらネジを舐めたような感触

・ネジを戻してもクランプが自動で開かない

・一度、強く締めたら自動で開くようになった

ネジの先が潰れる事でクランプに引っ掛かり、ネジとクランプが連動するようになっているのかもしれないです。

バネが入っている訳ではないようです。


接続部分はインシュレーターもコンタクトピンもかなり出っ張っています。

メッシュではなく、普通のワイヤーでビルドすればハイブリッドMODでも問題無く使えそうに思います。(自己責任でお願いします。)


クランプの穴の幅は1.3mmぐらいみたいです。1.4mmの精密ドライバーがマイナス側?には入りますが、プラス側にはギリギリ入らない感じです。

OTG91122

一般的なクラプトン(26G+32G)は余裕で挟めます。

OTG91124

ただ、シングルコイルはともかく、クランプにデュアルコイル以上を固定するのは意外と難易度高いです( ̄▽ ̄;)

あと、デッキに見合うサイズの大きいコイルを巻くと、結構ハイパワーなMODでないとコイルが熱くならなくて使えないと思います( ̄▽ ̄;;)


それと、ネジ部分やクランプ部分はステンレスではなく、カッパーかブラスのような気がします。

ちょっと柔らかく錆び易いので、ネジを舐めないように丁寧に、洗ったら濡れたまま放置せず拭いた方が良いと思います。


コンタクトピンは2段になっています。調整の為?BFピンの方は普通です。

OTG10886

OTG91106

この構造、Geek Vape以外では初めて・・・というか一般的な仕様ではない気がして・・・( ̄▽ ̄;)


説明書は別な記事にGoogle翻訳して上げてあるので、そちらを見て下さい。

VANDY VAPE MESH RDA User Manual

OTG10927

あとの付属品はこんな感じです。

OTG10896

Oリングと芋ネジの予備と、BFピンと510規格のドリップチップのアダプター、マイナスのドライバー、六角レンチです。

510規格のドリップチップのアダプターを使うとこんな感じです。見た目的には微妙かも?

OTG10900

OTG10898

付属のドライバーはサイズが合っていないので、別で用意した方が良いと思います。

OTG10914

あと、メッシュがカンタル・ニクロム・ステンレスの3種類×3枚ずつが付属しています。

VANDY VAPEからリール状の物も発売されていますが、ドライバーンすれば付属の物だけでかなり持つと思うので、とりあえずは必要ないと思います。

OTG10916

何故かカンタルだけ幅が広く、ハサミで切らないと入りません。

追記:幅が広くない場合もあるそうです。

OTG10918

OTG20949

ドライバーとメッシュの幅の件は、簡単に解決できる事なので問題は無いですが、ちょっと詰めが甘いかなー。他が全体的に良いだけに、ちょっと残念( ̄▽ ̄;)

およその抵抗値はカンタルが0.19Ω、ニクロム(NI80)が0.13Ω、ステンレス(SS316L)が0.21Ωでした。動画ではステンレスは0.22Ωだったし、多少はズレますよ。

OTG91110

OTG91112

OTG91120

海外のレビュアーでメッシュを短く切っている人が居ますが、カンタルとステンレスはともかく、ニクロムは短くすると0.1Ω未満になってしまうと思います。

0.1Ω未満だとショート扱いになって使えないMODが多いと思うので、切らない方が良いと思います。

あと、短く切ってしまうとアトマイザー内の隙間が多くなるので、メッシュへのエアーの当たりも弱くなる気がします。

個人的には味的な意味でも短くしない方が良いと思います。

一応、短くしてしまうレビュアーはドリップチップにメッシュが当たって溶けるのを心配したんじゃないかと思います。

OTG91126

ただ、コットン詰めるとメッシュの形が丸くなるし、軽く潰しておけば大丈夫だと思います。

OTG91128

試した感じではウルテムは溶けなかったです。デルリンは溶けそうな気がして・・・( ̄▽ ̄;)

ま、まぁ、短くするかどうかはお好み&自己責任で。設定する出力などにもよると思います。


念の為に書いておくと、短くすると抵抗値が下がり、幅を狭くすると抵抗値が上がります。

ただ、発熱する面積が広いっていうのもメッシュでビルドするメリットの一つだと思うので・・・。


吸った感じとか:

メッシュはワイヤーの細いコイルを沢山並列にしたような感じです。

その分、高出力にしないとミストが出る温度まで上がりません。40~60Wぐらいは必要だと思います。なので、そこそこ爆煙です。

また、割と均一に発熱するので、部分的に発熱してリキッドが跳ねたりはし難くい気がします。ミストの量が出る割には風味も飛び難いと思います。

出力が出力なので、あまりにも連続でチェーンしていると熱くなってしまうけど、そこはちょっと仕方ないかな。

殆どの人は問題無いと思います。


メッシュの材質の違いは正直よく分からないです。特にカンタルとニクロムの違い。

強いて言えばステンレスのメッシュが細かいので、ミストも細かく気持ちシルキーかも。


ステンレスでの温度管理はVT75(DNA75)はジャジャウマが発動して上手く行きませんでしたが、iStick Picoはバッチリでした。

立ち上がりも良くしつつ、丁度良い温度をキープでとても快適。


BFも「DRIPBOX」で試してみましたがリキッドの供給具合は良いですね。

ただ、DRIPBOXはバッテリー電圧固定だし0.2Ωまでしか使えないし、色々と不自由です。

追記:補足ですが、DRIPBOXでは抵抗値の関係で通電はさせていません。DRIPBOXも0.3Ω以下はちょっと不安( ̄▽ ̄;)


総合するとEleafあたりから温度管理BFMODを出してくれないかなーみたいな。

初心者向きじゃなくなるけど、できればデュアルバッテリー希望とか。


まとめ:

インスタ映えしそうだし、面白そうだと思ったら買っていいアトマイザーだと思います。

ミストの量や味も割と良く、ビルドやドライバーンも楽で使い勝手も良いです。

コットンの使用量や最低限必要なリキッドが多いなどデメリットもあるのですが、逆に言うと保持量が多いとかメリットの裏返しみたいな部分も多いと思います。


パッケージの説明:

記事を分けようかと思ったけど、少しだけなので書いちゃいます。

OTG10812

OTG10814

OTG10816

-----
当社の製品および使用方法の詳細については、www.vandyvape.comをご覧ください。

(VANDY VAPEの住所とかコピーライト表示)

-----
To learn more about our products and how to use, please visit: www.vandyvape.com

(VANDY VAPEの住所とかコピーライト表示)

-----

OTG10818

-----
MESH RDA

特徴:

・メッシュワイヤと標準コイルの両方に対応しています。

・目に見えないクランプスタイルのポストレスデッキ。

・Ultemドリップチップ&ドックチップ付き。

このパッケージの内容は、子供、非喫煙者、動物の手の届かないところに保管してください

シングルコイル 二重コイル メッシュワイヤー

-----
MESH RDA

Features:

・Compatible with both Mesh wire & standard coil;

・Invisible Clamp style postless deck;

・Ultem drip tip & Doc tip included.

Keep the contents of this package out of reach of children, non smokers and animals

Single coil Dual coil Mesh wire

-----

OTG10822

え、セキュリティチェックがスクラッチじゃないのか・・・( ̄▽ ̄;)

と思ったのですが、QRコードの横の部分が偽造防止の為の透かしというかホログラムのようになっているようです。角度によって模様が変わります。

ホームページでチェックするとこんな感じです。

temp_436

-----
検索結果
コード:xhvn803ayy9iあなたが持っている製品は純正品であることが確認されています。
最初のクエリ日:2017-09-19 17:39:23
保証ポリシー

-----
Search Result
Code:xhvn803ayy9iThe product you got has been verified as a genuine product.
First Query Date:2017-09-19 17:39:23
Warranty policy

-----

最初にチェックした日時も分かるから、大丈夫かな。


そんな感じですかねー。

以下は他のブログや動画のレビューのまとめです。

もくもく時間
http://www.mokumokutime.com/atomizer/mesh-rda/

ひまんがあれやこれや。
http://himangablog.blog.fc2.com/blog-entry-157.html

Vape2u
http://blog.vape2u.jp/vandyvape-mesh-rda/

ぬかよろこび in VAPE
http://www.nukayorokobi.com/entry/2017/10/14/072302


ブログランキング・にほんブログ村へ
この記事が参考になったら、上のバナーから投票して貰えると嬉しいです。
(投票すると電子タバコ関連のブログのランキングが別窓で開きます。)