RATA iStick Pico(ラタ・アイスティック・ピコ)バッテリーキャップのレビューです。

・・・と、AWTの充電池のセキュリティコードが通らなかった話とかとか( ̄▽ ̄;)

EleafのiStick Pico」の付属のバッテリーキャップと交換する事で、直径が22mmより大きいアトマイザーを付けられ、見た目もスッキリします。

ただし、小さい充電池を使う事になるので、注意点がいくつかあります。

OTG40047

なんとなく動画も撮りましたが写真で十分だと思うので、特に見る必要は無いと思います( ̄▽ ̄;)




iStick Picoって、こんな感じでバッテリーキャップが飛び出てますよね。

OTG40137

これが「RATA iStick Pico バッテリーキャップ」に交換するとこうななります。

OTG40139

18650の充電池を入れると、それだけで本体より飛び出します。

(「18650って何?」みたいな人は「電子タバコで使う充電池について。」の記事を参考にして下さい。)

OTG50219

なので、18500という少し小さい規格の充電池を使用する事になります。

OTG50221

OTG50223


「RATA」は制作した人のハンドルネームです。つまり、RATAさんです。



今回レビューする私が買った物(2017/05/15に購入)と比べて、現在は若干デザインが変更されているようです。


最近、兵庫県西宮市のSmoking Garageでも取り扱いを始めたとか。


ちなみにSmoking Garageは

・早い段階で国産のハンドスピナーを開発したり

Amazonで売っているハンドスピナーのレビュー」の記事で紹介してます。

・店長さんがCoil Artで有名なkotobuki vaper‏さんの師匠?だったり


・この御時世にアレを堂々と売っていたり

Smoking Garageのホームページ
http://www.smoking-garage.com

商品ページのURLを貼ったり、具体的に何がアレとは言いませんが・・・初心者向きのショップでは無いかも?( ̄▽ ̄;)


と、とにかく興味深いショップですよね・・・(;´▽`A``

ちなみに今回レビューするバッテリーキャップはSmoking Garageの通販では取り扱ってないようです。

それと、通販に18500の電池が見当たらないので、もしかしたら18500は売ってないのかも。

-----
追記:愛媛のVapeLab PENTAGONにも入荷したそうです。

-----


話を戻して、とりあえず外観などを見ていきます。

OTG40053

OTG40061

OTG40063

OTG40067

OTG40069

このバッテリーキャップはコインを使って回します。

OTG40071

簡易な説明書?が付属しています。実は説明書?には18500云々は書いてないです。

OTG40051

Facebookの投稿には18500等々書いてあります。



平たく言うと、充電池のスペックに合わせて出力を調整してねって事ですね。

18650よりサイズの小さい18500を使う事になるので、充電池のスペックは下がります。

具体的に気を付けて欲しいのは、充電時に流して良い電流と、放電時に流して良い電流の上限が下がる事です。

これを超えてしまうと、事故の可能性が上がると思います。


個人的には出力を上げてもiStick Picoの安全の為の機能が働いて、"Weak Battery"(≒電池がショボい)エラーになると思うのですが、それをアテにしたり過信はしない方が良いだろ言うという意見が多いようですし。

"Weak Battery"についてもう少し詳しい事が気になる人は以下の記事も参考にしてみて下さい。

参考記事:
Eleaf iStick Pico User Manual

Efest IMR 26650 4200mAh 50Aレビュー

Evolv DNA75とは?その9(EScribeのModタブ編)



もう少し詳しい話に入ります。

この先の話は説明書?と少し食い違ってしまったり、人によって見解が違うと思うので、参考程度にして下さい。

個人的にはEfestは「スペック詐称疑惑」とか「26650の件」とか色々とアレなのでオススメしませんが、例としてEfestの18500のスペックを見てみます。

Efest公式のIMR 18500 1000mAh 15Aの商品ページ
http://www.efestpower.com/index.php?ac=article&at=read&did=403

注目すべきはこの辺でしょうか。

>Standard charge: 2A
>Discharging current: 10A
>Pulse discharging: 15A

>充電:2A
>連続放電:10A
>パルス放電:15A


まずは充電時の電流についてです。

大雑把な話を先にすると、パソコンの青くないUSBコネクタ(USB 2.0以下)とiStick Picoを接続して充電すればほぼほぼ大丈夫だと思います。

Efestの18500がホントに2Aで充電して問題無いのかは微妙だと思うのですが、18500に対応している充電器の多くはで0.5A(500mA)未満では充電できないようなので、流通している18500は最低でも0.5Aでは充電できると思います。





なんでこんな事を書いているかというと、スペック詐称の件を別としても、何Aで充電したら良いのか不明な充電池も多いからです( ̄▽ ̄;)


0.25Aで充電できる充電器もあるようですが、これは10440などのもっと小さい充電池用だと思います。

それらは0.25Aで充電する必要があるんだと思います。




で、ですね。USBが流せる電流というのが・・・。

サンワダイレクトのUSB充電器の選び方のページ
https://direct.sanwa.co.jp/contents/sp/howtouse/how-usbadp.html

>USB2.0:0.5A
>USB3.0:0.9A

USB2.0だとケーブル1本に付き0.5Aしか流せないので、USB接続のDVDドライブやBDドライブなど0.5Aよりも多くの電流を使う物はUSBケーブルを2本挿す必要がある物があったりする訳ですね( ̄▽ ̄;)



脱線しましたがパソコンの青くないUSBコネクタ(USB 2.0以下、つまり0.5A)とiStick Picoを接続して充電しても、ほぼほぼ大丈夫だと思います。

iStick Picoは18500を使う想定では設計されていないので、充電器を使った方がより安全だとは思いますが、私が試した限りではiStick Picoで充電しても特に問題ありませんでした。

余談ですが、iStick Pico自体は2Aでの充電に対応していないので、18650とか18500とか関係なくiPad用などの2AのACアダプタは使わないようにしましょう。(詳しくは「iStick Picoの説明書」参照)


次は連続放電とパルス放電についてです。

iStick Picoをスペック通りの75Wで動作させるには「連続放電が25A以上の充電池」が必要です。(詳しくは「iStick Picoの説明書」参照)

ただ、私が知る限りでは18500で連続放電25A以上の充電池というのはありません。

なので、説明書?のように出力を下げて使って下さいという事になります。

OTG40051


連続放電とパルス放電については、基本的には連続放電の値で考えた方がより安全だと言われています。

ただ、パルス放電の値のみで連続放電の値が不明な場合もあります。

具体的にはAWTの18500が、パルス放電18Aの表記のみなのです・・・( ̄▽ ̄;)

The VAPE shop HookahsのAWT 18500 18A IMR 1200mAhの商品ページ、980円+送料無料
http://vapeshop-hookahs.com/items/5792ff07a458c0f0200038ec


AWTについても思う所があるので、後述します。

私が見た限りの充電池では、パルス放電の値の3分の2~半分が連続放電の値になっているようです。

なので、パルス放電と連続放電の値には相関関係があるのか実際の所は不明ですが、パルス放電の半分の9Aを目安に・・・( ̄▽ ̄;)


説明書?に合わせて計算すると・・・

定格アンペア数×4V=W数
9A×4V=36W

という事になります。


・・・なのですが、電力の変換効率(≒変換ロス)があるので、アトマイザーへの出力に使えるのは充電池の性能の80%くらいと考えた方が良いかもしれないです。

高出力テクニカルMODの、危ないお話
http://ecig.eucaly.net/archives/6424057.html

そうすると、以下の計算式の方が良いかもしれないです。

電流×電圧×変換効率=電力
9A×4V×0.8=28.8W


また、一般的には充電池の満充電時は4.2V、iStick Picoは3.1Vで"Battery Low"(≒電池切れ)、2.9Vで"Weak Battery"(≒電池がショボい)になります。

説明を省略したいので、全部計算して1番低い出力(≒より安全な出力)を選んでみます。

9A×4.2V×0.8=30.24W
9A×4.0V×0.8=28.80W
9A×3.1V×0.8=22.32W
9A×2.9V×0.8=20.88W

そうすると約20Wと言う事になります。


ちなみにEfestの18500の連続放電10Aで計算すると

10A×2.9V×0.8=23.20W

になります。(スペック詐称がなければ)


あと、そこそこ有名なMXJOの18500が連続放電15A・パルス放電22Aのようなので、それも計算してみます。

他と比べてやたら高い値なので、ホントかよ?とは思いますが( ̄▽ ̄;)


15A×2.9V×0.8=34.80W

うーん、現実的にありえるスペックなのか結構微妙・・・高過ぎない?( ̄▽ ̄;)


あとはKEEPPOWERの18500とかもありますね。Efestと同じ連続放電10A。

良い噂も悪い噂もあまり聞かないので、「あるよ」っていうだけです。



なんにしても、20Wくらいを上限として考えた方が無難かもしれないです。

ちなみに温度管理を使う場合は温度管理の上限ワット数も、予熱を使う場合は予熱のワット数も調整して下さいね。(詳しくは「iStick Picoの説明書」参照)


上限20Wでもシングルコイルの「RBA」だったら、ビルド次第で問題無く使える物も多いと思います。

意外とiStick Picoのスターターキット付属の、MELO III Miniが20Wだと出力不足で厳しいかもしれないです。

一応、「推奨電力: 8W-15W」のMLコイルなどもありますが・・・。



直径25mmとかの超爆煙RDAでデュアルコイルで組んだりすると、少なくとも35Wくらいは使うと思います。

300WオーバーのMODとかもある状況を考えると、iStick Picoの上限75Wでもアレだと思いますが( ̄▽ ̄;)

そういう事を加味すると、上限20WのMODに直径22mmより大きいアトマイザーを付けられても・・・みたいな気はします。

一応、「Goblin Mini V3」とか「Flying Saucer RDA」とかFumytechのDragon Ball RDTAとか、極端な爆煙でも無さそう(≒20Wぐらいでも問題なさそう)なのにサイズが大きい場合は良いかもしれませんが( ̄▽ ̄;)



ちなみに直径25mmのアトマイザーを付けるとこれくらいハミ出します。

OTG40081

OTG40087

ただ、シリコンカバーとかレザーカバーを付ければほぼほぼ段差は気にならなくなります。

OTG40089

OTG40093


でも、やっぱり直径25mmなどのアトマイザーを付けるなら、最初からiStick Pico 25とかiStick QC 200Wとか直径25mmなどを想定しているMODを使った方が無難かもしれないですね。

(200Wは殆どの人にとってオーバースペックだと個人的には思います。)






あと、直径24mmのアトマイザーの場合は「Eleaf iStick Pico RESIN with MELO III Miniレビューその2(MOD編)」の記事でも紹介しましたが、また別なバッテリーキャップや付属のモノを削る手もありますね。

その場合は18650が使えるので(以下略


まとめ:

RATAさんも「22mmのアトマイザーを乗せてカスタムするのもカッコ良く決まると思います」とツイートしていますが、そっちの使い方の方が良い気がします。

全部が全部ではないですが、大きいアトマイザー≒爆煙RDAみたいな所がありますよね。

でも、充電池が小さいから

・放電スペックが低い→高出力には設定できない

・バッテリー容量が小さい→出力を高くすると、充電池の持ちが・・・

という事になるので、例外はありますけど大きいアトマイザーを付けるのには向いてないかもしれないです。


正直な所、実用性云々より、オサレアイテムとかコレクターアイテム寄りの物だと思います。

それでも一部の人には魅力的な製品だと思うので、興味のある方はRATAさんに連絡してみて下さい。


あとはAWTとかについての余談です。

Efestは26650で懲りていたので、微妙に評判の良いAWTを買ってみました。

20Wでは残量表示ゼロ付近で"Weak Battery"(≒電池がショボい)→"Battery Low"(≒電池切れ)→"Lock"(電池切れだから)でした。

残量に余裕がある状態で"Weak Battery"にならずに、ほぼほぼ完走したので、使ってみた感想はまずまずだと思います。

CA3A2669

CA3A2671

CA3A2673

CA3A2674

(↑古いカメラの写真です。念の為。)

18650のVTC4(連続放電30A)が2100mAhって考えると半分くらいの1200mAhですが、低電力なら半日~1日ぐらいはー・・・。

ちょっと、サブ機か予備の充電池を持ってないと不安かな( ̄▽ ̄;)


・・・使用感は悪くない感じの充電池なのですが、ホームページはあちこちエラー(サーバ毎落ちてる事も)だし、18500の商品ページにも辿り着けず。

AWTのホームページ
http://www.aweitebattery.com

上の方でも書いた話ですが、連続放電などの一部のスペックも不明です。


あと、セキュリティコードが通らない・・・( ̄▽ ̄;)

購入したショップ(Hookahs)に相談したらAWTに問合わせてくれたのですが、ステッカーが現行の物ではない(旧コード)のが原因だそうです。

現行のステッカーの物を送ろうか?みたいな話もあったのですが、個人的には別にいいんじゃないかなって事で。

ちなみに、Hookahsでは今後は現行のステッカー(新コード)の物のみを販売するそうです。

「セキュリティコードが通らないのは、なんかイヤだなぁ・・・( ̄▽ ̄;)」っていう人はHookahsで購入すると良いと思います。

現行のステッカーってどんなの?とか細かい事が気になる人は、問合わせのやり取りのスクリーンショットを撮っているのでそっちを見て下さい。

問合わせのやり取り
http://livedoor.blogimg.jp/tirasi_no_ura/imgs/3/6/36dabd40.jpg

問合わせのやり取り中に出てくるPDF(大した事は書いてないです。)
http://tirasi-no-ura.blog.jp/AWT/explanation.pdf


AWTについて:

ホームページとかスペックの表記とかセキュリティコードの件はちょっと微妙だけど、物自体は良いから(アム〇ェイか?)、割と評判も良かったり愛用者が居るんだと思います。

私としてもEfestは26650の件で印象が悪いのと、実際にAWTの18650を使ってみた感想と合わせて、Efestがイマイチな人はAWTを試してみるのも良いかもしれないと思います。

いや、18500同士で比較した訳でもないし、実際に使ってみたらEfestの方がタフだったとかあるかもしれませんが( ̄▽ ̄;)


ぶっちゃけた話、Hookahsの人もEfestで良いと思ってたら、知名度も対応も微妙なAWTを切ってEfestに一本化してるじゃないかと・・・。

実際は、問合わせのやり取りを見て貰うと分かるのですが、Hookahsの人はAWTを切るんじゃなくて、AWTの問題をクリアにしていく方向のようですし。

ただ、AWTは充電池を作っている訳じゃなくて、他から仕入れて皮膜を取り換えてるだけだと思うんですよね。

だから、ちょっと微妙な企業体質と合わせて、仕入れ先がコロっと変わったら・・・みたいな部分はある気がしますが( ̄▽ ̄;)


The VAPE shop Hookahsについて:

割と安いし、送料無料ですし。あと、AWTは直接メーカーから仕入れているらしいですし。

セキュリティコードの件の問合せについても、個人的には親切・丁寧だと思いました。

以前にもう少し詳しくHookahsについて紹介しているので、興味がある人は下の記事も見てみて下さい。

500円オフキャンペーン(条件付き)をSTORES.jpのいくつかのショップでやってるよ。2017/05/31まで。


あとは、AWTの18500の写真も撮っているので、一応貼っておきます。

「問合わせのやり取り」の中でも話が出てきていますが、黄色い皮膜も含めて旧バージョンだそうです。

つまり、この見た目のAWTの充電池はセキュリティコードが通らないと思います。

OTG40097

箱には「AWT」「18500 Battery」「Aweite Battery」しか書いてないです。

OTG40099

OTG40101

一応、正規品かどうか確認する為のScratch and checkのステッカーが貼られていますが、これは旧コードのステッカーです。

シールに書かれているURL:AWTのホームページ
www.aweitebattery.com

QRコードのURL:AWTのホームページ(URLは少し違うけど、恐らく上と同じ)
c.aweitebattery.com

OTG40103

↓フラットトップのプラス極です。

OTG40105

↓マイナス極です。

OTG40107

AWTの赤の26650のサイズが若干大きいみたいな話を聞いたので、18500もチェックしてみました。

(規格ピッタリのサイズではない事は、他のメーカーでも稀によくあります。)


直径18mm・長さ49mm・重さは33gでした。

OTG40111

OTG40109

OTG60227

・・・Hookahsの商品ページにもサイズについては細かく記載されていますね。

The VAPE shop HookahsのAWT 18500 18A IMR 1200mAhの商品ページ、980円+送料無料
http://vapeshop-hookahs.com/items/5792ff07a458c0f0200038ec

>外形寸法:18.2mmX49.2mm

ちなみにAWTの赤の26650は・・・。

The VAPE shop HookahsのAWT 26650 45A IMR 5200mAhの商品ページ、2,100円+送料無料
http://vapeshop-hookahs.com/items/571238511003153517006b85

>外形寸法:26mmX67.2mm

26650は26mmX65.0mmという意味なので、2mm以上も長いっていうのは確かに注意が必要かもしれないですね( ̄▽ ̄;)


そんな感じですかねー。

以下は他のブログや動画のレビューのまとめです。

M’s Vape
http://www.msvape.jp/2017/05/rata-istickpico.html


ブログランキング・にほんブログ村へ
この記事が参考になったら、上のバナーから投票して貰えると嬉しいです。
(投票すると電子タバコ関連のブログのランキングが別窓で開きます。)